「一か月10キロ落とした僕が教える」体重が減らない理由~簡潔に解説します~

ダイエット(楽々アイテム・豆知識)


運動続けているのに思うように体形が変わらない・・・
朝食は我慢して2週間経つが、でも効果を感じられない・・


ネットで知らべても
(食べすぎに注意)(睡眠不足が原因かも?)(筋トレで筋肉が増えた!?)と出てきますが、これらはダイエット経験がない方が調べて作り上げた記事に過ぎません。


私自身もそうでしたが・・・
本気でダイエットに取り組んだ方は誰もが「壁」にぶつかります。
そう、それは思った様に体重が減らないという厳しい現実

今あなたに必要なのは体重が減らない根本的な理由と解決方法ではないでしょうか?

今努力をしている方も、これからダイエットに取り組む方もこちらの記事を読んで根本的な考え方を変える事からはじめてください。

体重が減らない理由と対処法も分かりやすく解説していきたいと思います。

この記事を読むメリット

・ダイエットに失敗した原因と対処法が分かる
・ダイエットに対する考え方が変わり、明日から再出発できる

「結論」体重が減らない理由  

体重が減らない理由

・食べないと痩せない!常識を覆す衝撃の事実。無理に断食してないですか?
・2~3週間運動すれば脂肪が落ちると思い込んでませんか?

まず結論です。
体重が減らない理由に上記2つのいずれか、もしくは両方当てはまっていると考えられます。

え?食べないで我慢してれば痩せるんじゃないの?
それに私、運動して1キロを10日間で落とした経験ありますけど??

ダイエットは一時的なものではなく長期的なものですよね?
「人間の体」「食事」「運動」にある程度の知識が必要です

「解説」食べないと痩せませんよ?


カロリー制限は痩せます。これは紛れもない事実です
「摂取カロリー」「消費カロリー」の法則で摂取カロリーが多ければ太っていきます。

しかし、こんな考え方でダイエットに取り組んでませんか?

基礎代謝が2000カロリーの場合、摂取カロリーを400カロリーにすれば痩せるじゃん!
1600カロリー分の脂肪がなくなるんでしょ?
※基礎代謝とは歩く、しゃべる等日常生活を送っていても消費されるカロリー


この考え方は正解でもありますが、中長期的に理想の体を目指すのであれば間違った考え方です。

「人間の体」は防衛本能があり、あまりにも体にエネルギー(糖質)が足りていないと
・摂取した栄養をなんとか脂肪に変えて体に蓄えようとする
・体にある筋肉をエネルギーに変えて生命維持しようとする


こんな働きがあるんです。・・これ怖くないですか?
つまり我々の脳が本能的に「生きる」ために動き出すんです・・栄養が体内にあまりに足りていないと・・

防衛反応が働いた脳は体形なんて気にしません。

脂肪を多く!筋肉を少なく!生命維持だ・・
当初の目標である(ダイエットで理想のプロポーションにすなるぞ!)から遠のきますね

重要なのが、必要最低限のカロリーはダイエットに欠かせない栄養ということです。

しかし疑問が残ります!
食事制限した方の多くは「最初の一週間で体重が減った」と口を揃えて言います。

この理由は
・カロリー制限で体内の水分量が落ちたので減量した
筋肉量が落ちて減量した

つまり短期的な減量を考え「成功した!」という方は目的である脂肪は一切落ちてません。
筋肉と水分が落ちただけなんですね

そうだったの~!ショック
しっかり脂肪を燃焼させる方法は?教えてよ!

基礎代謝分のカロリーは摂取しよう!それも良質な食事でね!

対処方法

ここまで「体重が減らない理由」の根本に必要最低限のカロリー摂取が大事だと解説してきましたが、具体的にどうすればいいかもう少し深堀りしていきましょう。

冒頭でも少し触れましたが基礎代謝分のカロリーはダイエットに不可欠

しかしおそらくほとんどの人は自分の基礎代謝の値を知らないのではないでしょうか?


そもそも「代謝とは?」
大前提、我々人間は代謝を繰り返すことで生きております。

人は生命を維持するために、「呼吸」し食べる事で栄養を取り入れ「消化・排泄」を繰り返しています。
摂取した栄養によって体は体内でそれを筋肉、脂肪、細胞に変換し、呼吸によってエネルギーとして使う生きるための一連の動作反応を代謝といいます。

手順①まず、自分の基礎代謝を知ろう

こちらは厚生労働省のサイトから抜粋した表です。

あくまで基準値ですが、私の場合の基礎代謝は1日1530カロリーということになり、これを下回ると体が反応し基礎代謝の平均数値を下げて体を維持する動きに入ってしまいます。

あまりに過酷な食事制限は自身の基礎代謝レベルを下げて生活するような状態となり、(脂肪蓄え、筋肉を蝕んで生活)することとなり、結論痩せにくい体に仕上がります。

私も当初、減量に失敗し体重が減らない理由はなんなのか?本を読んだり人に効いたりネット見たりと勉強しましたが、基礎代謝分を食べていない事に気づきました。

しかも、筋トレをハードにしており消費されるカロリーは基準値よりも高く、最低限摂取する栄養も人より多くとるべきだったのです。

②基礎代謝分のカロリーを良質な食事で採ろう(おすすめアプリ)

食事にはバランスが大事です。
中学生の家庭科の先生みたいな事いいますが本当に大事

しかし「カロリーなんて・・わからない」「そもそも何食べればいいの?」
という方がほとんどだと思いますのでカロリー計算がアプリをおすすめします。

あすけん公式サイト 無料です




有料サービスですが、30日間全額返金保証付きの
FiNC(フィンク)ダイエット家庭教師




有料サービスですが、無料カウンセリング付きの
成功率95.7%のダイエット指導【Plez】




基礎代謝分のカロリーをバランスよく摂取するためにアプリは利用した方がいいです。
あすけんは自分で食材を選んで打ち込みカロリーを計算。
FiNCやPlezは、食事まで選んでくれる優れもので「無料カウンセリング」「全額保証」で用途に応じて選べば結果がついてます。

自分で食事を選ぶ知識がない方はアプリをフル活用しましょう。

ちなみに下記がダイエット時に選ばれている食材です。



肉類
・脂肪の少ない牛ヒレ・牛ももモモ・鶏モモ・鶏むね
魚類
・タラ等の白身魚、もしくはマグロ・カツオの赤身魚
野菜類
・セロリ
含まれているカリウムにより血流促進、塩分排出に効果的
・ブロッコリー
ビタミンCが多くキャベツの4倍摂取できる。さらにたんぱく質の代謝を促すビタミンBも多く摂取可能。
・ほうれん草
カロテン、鉄とビタミンCが多い上にカロリーは低いのでダイエット向き。


ダイエットに野菜が必要な理由

結論、野菜に最も多く含まれる「ビタミン」「ミネラル」 
これの摂取が非常に重要であり、体の様々な代謝作用に関わるので不足すると痩せにくい体になってしまいます。

「炭水化物」「脂質」「たんぱく質」
これらの代謝の効率を上げる=脂肪を蓄積しないボディメイク

代謝の効率を上げるサポートしてくれるのが「ビタミン」「ミネラル」

この重要性が研究で分かっているので「野菜分をサプリで補おう!」と様々な商品が開発されているとうわけです。

ダイエットサプリはよく選ぼう

ここまで話で、無理な食事制限はしないで基礎代謝分のカロリーを取りましょう
野菜摂取しましょう。
それがダイエットへの近道であり、体重が減らない理由もそこにあると解説してきました。

良く質問いただく「ダイエットサプリ」について
正直、アプリ等で良質な食事を管理できるのであればダイエットサプリはいりません。

どうしてもサプリに頼りたい場合は「青汁」がおすすめ。

ダイエットサプリとはうたってませんが、これまでの説明で「ビタミン」「ミネラル」を摂取することがダイエットへの近道と理解できていると思いますので、野菜をそのまま凝縮した「青汁」なら下手なダイエットサプリより効果的といえるでしょう。

21種の野菜&完全無添加で本当に美味しい青汁♪




「解説」2~3週間運動すれば脂肪が落ちると思い込んでませんか?

さて「食べないと痩せないよ」の解説は読んでご理解いただけましたでしょうか。

次は「運動」についてです。

今まで運動していなかった人が2週間程度運動したら痩せた?

やった!脂肪が落ちて痩せた~と喜んでませんか??
違うんです。

これも食事制限の初期段階と同じで「体から水分が抜けた」だけなんです。
運動や筋トレによって「脂肪」「筋肉」に変化が生じるのは個人差ありますが一か月はかかります

これ知らないと「テレビショッピングで騙されます」

こんな器具でたった3日でウエストマイナス5センチ!
わーすごい!
・・・・これ水分が抜けただけなので、6日後にマイナス10センチできるか?となればそうではありません。

だって脂肪は1ミリも落ちてませんからね

なので運動するダイエッターは最初に落とし穴があり、急に体重が減らなくなる=モチベーションが下がりやめてしまうわけです。

運動継続して体重を落としたい場合は
「最初は一気に数キロ落ちて、その後体重の落ち幅は落ち着く」とご理解ください


水分が落ちて、ようやく脂肪が落ち始めます。

対処法

結論、「一か月体重計に乗らない」


私が行った「運動」を続けたダイエットの場合
モチベーションを保つことが最も難しいことでした。
最初の数字は好調に減量できて(水分がね)だんだん落ちなくなりました。

理由は先ほど解説した通りですが、当初は知らなかったのでもっとハードに、もっと長時間と運動し1日3回以上体重計に乗ってました

行動が結果に結びつかないと人間、非常にストレスを感じ辞めてしまいます。

私の提案は一か月体重計に乗らないことですね。

水分が抜けた減量が頭にあり細目に体重を測ると必ずモチベーションの低下につながります。

思い切って体重計は封印して一か月頑張ってみましょう。

こちらの記事で自宅でできる具体的な運動方法を解説しております。

「おまけ」 減量のプロ達の考えかた「YOUTUBER」

ダイエットの情報はネット内に星の数ほどありますが、顔出ししているダイエットサイトは数少ないです。

私が思うにサイトの記事は知識だけが先行して、実際のダイエット経験者は少ないのでは?と思っております。

もし、あなたがダイエットの参考にするなら「YOUTUBER」か顔出ししている「本」がおすすめですね。

私が一か月で10キロ落とした時に参考にしたYOUTUBERの動画を張っておきます。

3ヶ月で11kg脂肪を削ぎ落とせる運動方法と1日の食事がコレです!!


運動なしでも痩せるためのたった1つのルール!【ダイエット】
【きつい筋トレ】お腹の脂肪がみるみる落ちる!ノーカット筋トレ!【下腹部】
【弘中アナ肉体改造!!】美ボディ日本一・安井友梨先生の「自宅で出来る」過酷エクササイズ…壁ブリッジ・タオルV字腹筋で自我崩壊

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「体重が減らない理由」とその対象方法について解説させていただきました。

食事の部分では、ただ断食しても痩せない体になるだけ

運動の部分では、短期痩せは水分しか落ちない

実は知らなかったシンプルな理由をご理解いただけたかと思います。

こちらの記事を読んだ後に、取り組んできたダイエット方法を変えてみてはどうでしょうか?ダイエット初心者の方も継続してできるモチベーションを得られたのではないでしょうか?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。